【ランドスケープ株式会社はこんな会社です】代表のプロフィール

Landscapeプロフィールページ写真

役員のプロフィールを紹介します。

代表取締役  樋口亜沙美

中小企業の販売促進プロデューサー

月刊誌を発行する大手出版社で、顧客のマーケティング・プロモーションの支援、情報発信、サービスメニュー開発を伴う企画営業を担当してきました。在籍当時担当した広告・販促企画の数は延べ1300以上でした。

特に、以下のことに力を注いできました。

  • 形には見えないサービス業のサービスメニュー開発(商品開発・企画)
  • 企業ブランディング(企業イメージ作り、差別化、独自化のお手伝い)
  • お客様はどのように集まるか?(集客)
  • 新商材の拡販(ニーズの掘り起こしや売上アップ)

当時一番長く担当した営業地域は、私の生まれ故郷でもある北海道の道東でした。毎週3泊4日の出張を伴いながら、お客様企業の課題をヒアリングして、企画提案に奔走する日々。

その地域を商圏として選んだ経営者の想いや悩みを聞いたり、その土地で生まれたからこそ、事業承継の覚悟をもち大きな投資を決断する次期経営者の方々とも出会いました。集客、販促の課題は、経営課題に直結していました。

出版社の一営業担当の立場でできることに限りがある中でも、「この方達のために、本当の意味で役に立てているだろうか?」「限られている中でも最大限のことがしたい」と日々考えながら、集客・露出の面で最大限をやり尽くしました。

その後、札幌市内のメーカー等を担当します。本社が東京にある企業の北海道支社を担当させてもらうことも増えました。

それまで担当していた顧客は直販、来店型の施設が中心でしたが、それとは違い、法人個人問わず顧客をもつ企業や、直販しないメーカーの販促課題を伺い、課題解決を叶えるための企画を提案していました。

具体的な例をひとつ上げると、ある2社の、双方の集客課題を補完し合えるような「お客様どうしのマッチング」により、相乗効果を狙った集客企画を紙面で展開する、などの企画を実施しました。

実際にそのような企画をきっかけとしてお客様企業同士の新たな取引が生まれることもあり、介在価値を感じるときはとりわけ嬉しいひと時でした。

企画作りはとても楽しく、いつも新鮮な気持ちになります。出版社での仕事を通して多種の業種の企業と接することができたのは、今の私を形作る大切な財産になっています。

出版社での仕事をしながら、気づいたのは、業種、業態、戦略、ターゲット、市場のシェア、本社or支社、予算の投下(販促費のウェイト)状況、企業・事業のライフサイクルによって、「最適な集客方法」や「販促施策」が変わる、ということでした。

仕事に没頭すること数年・・・・・・どんな仕事もそうでしょうが、仕事は上限を決めなければ限りがありません。

人が集まる施策を作り出すこと、考えること、それを成功させるためになにをするか? をお客様と一緒におこなうことが楽しくて、没頭してしまい・・・・・・決してブラック企業ではないのに仕事をしすぎた結果、体調を崩してしまいました。(14歳から腰痛持ちだったのがここにきて爆発・・・)

リハビリするも回復せず、手術を受けることに。今は完治したのですが、当時は歩けない、動けない日々でした。

充実感と働きがいがあった部署でしたが、それまでと同じように働けない状況になってしまい、いよいよ退職を決断。

ただ、モノやサービスを売れるようにすることや人が集まりたくなる企業にするために頭を動かすことはやめられず、体調をケアしながら働くことができて、自身のノウハウを活かせる事業を検討しました。

そこで2015年1月より、セールスプロフィールを作成するライターとして独立することに。

地域や人、モノの魅力をお客様に届ける、という点で、それまで前職で得たノウハウを記事作成に投じて制作しました。

独立後は、有形無形問わずサービスを提供する経営者や個人事業主から、また業種も多種多様なところからの依頼を多数お受けしました。

私自身、無形のサービスを提供し、現場感覚を持っているからわかるのですが、「顧客によって違うゴール」をサポートするサービスは特に「伝える」ことにウェイトを置かなければ相手にうまく伝わりません。有形のサービスであっても「誰を対象にしたどんなサービスか」が分からなければなかなか集客に結びつかないことも。

ライター時代にはしっかりとインタビューし意図を汲み取ることで、お客様がかける手間や時間はできる限り抑えられるよう心がけました。お客様からは、「上手くまとめられないことがよくまとめられていて、言いたいことをすべて汲み取ってくれていた」「自分では言葉にできない部分まで文字にしてもらえて改めて自社の魅力を知ることが出来た」などの言葉をいただいておりました。

本当にありがたいことに、プロフィール以外にもご相談をいただく機会が増え、インタビューに基づく記事作成、企業の採用ページに掲載する先輩インタビュー記事、対談記事などの作成、小冊子、広報誌、書籍原稿の作成など、企業の情報発信、商材プロモーション、ブランディングの支援を要請され実績を積み上げることができました。

現在では、これまでの実績を通して、「自社でできる」プロモーションのノウハウ指導などコンサルティング・講座を実施しています。販促は継続あるのみです。私自身も現場感覚をもちながらトライ&エラーを繰り返して、ベストな方法をご支援できるよう心がけています。

販促にはWEBも紙媒体もありますが、「今、うちの会社で何をする必要があるか」「この状況で何から優先して着手すべきか」といったところからご支援したい想いを持っています。

売れる会社は、商品力が高いからこそ過度な販促をせずともよく売れる。販促の前にやることがある会社は、販促をおこなっても反応が得にくい。

ですから、経営戦略、経営状況、商品力、ターゲットなど、すべて目線を合わせ、「今」に見合った施策をおこなう必要があります。

どんなWEB広告を出すとか、いくらの予算にするかなどの「手法」はその後です。この部分で考え方が合致したことで、坂口雅文中小企業診断士を取締役に迎え、法人を立ち上げました。

プライベートでは飼い猫と遊ぶことが大好きで、旅行も私の好きなことのひとつです。バンドを組み、なんと30代に突入してから「超初心者」ですがキーボードとギターを弾き始めました。ジャンルはロックからAOR、ヘヴィメタルと幅広く、とても楽しんでいます。お客様とこうした趣味の話をして盛り上がることもあります。

取締役 坂口雅文

気づけば、まもなくアラフィフ。最近では少々老眼が気になる年になりました。母方の祖父が事業をやっていた姿を見て、高校生のころに自分の将来は事業主と決めました。

もちろん、いきなり事業を興すことは容易ではないと考えていました。そのため、ずっと経営にまつわることを学んでいました。あまりに真剣に勉強をし、食べ込んだせいか学生時代よりも25キロ以上体重が増えたとか・・・。

事業を開始するには「圧倒的な営業力」が必要と考えて、形のある耐久消費財のセールス、形のないコンサルティングセールスで営業を科学しながらノウハウ化してきました。

外資系金融機関のコンサルティングセールス部門で全国一位を取り、社内ポスターになったことでこれを節目と考えて退職及び独立を決意しました。そして、2002年、現在の有限会社スターダスト・マネジメントを設立しました。

当時はFP事務所としてスタートするも、経営相談を多数受け実績を積み、後に中小企業診断士を取得。現在、経営コンサルタント/中小企業診断士・FP。事業承継・経営再建・戦略的マーケティング等、多岐にわたり経営支援を継続しています。

具体的には、

  • 新しい事業を興すお手伝い
  • 新しい商品やサービスを生み出すお手伝い
  • 上手に売るためにお客様の心理を考えて売りやすくするお手伝い
  • 効率よく経営できるように戦略を一緒に練るお手伝い
  • 事業承継とその後の右腕左腕作りなど、後継体制作りのお手伝い
  • ただ注文を受ける営業ではなく、自分たちが頭を使って提案してくる営業部を作るお手伝い
  • 営業を科学して、少ない行動で最大限の効果を得ることができる営業体制作りのお手伝い
  • 企業の財務の強化のお手伝い
  • 借入を増やさず経営をする裏技伝授の支援
  • 企業の売買のお手伝い

地域に密着しているため、お医者様で言えば町医者のような立ち位置なので、書き切れないお仕事をしています

業種も、販売会社、製造メーカー、サービス業、ヒトとオカネに強いので幅広く対応しています。主な行動は、お客様企業の経営者と社員の皆様と一緒に知恵を絞って、世の中に喜ばれる会社作り、仕事作り、地域作りを永遠のテーマとして力を注いでおります。

代表の樋口とは、有限会社スターダスト・マネジメントの仕事において補完関係になると判断し、数年前より仕事を一緒にするようになりました。