良いチラシ・DMを作るには?

伝わるチラシ 良いDMを作るには?

良いチラシ・DMを作りたい。

お金と時間をかけて広告するからには、失敗したくない。

多くの企業様がそのように思われることと思います。

では、良いチラシやDMに必要なこととは何でしょうか?

答えはシンプルです。

「良い企画」ができること。つまり、良い取り組みです。

やみくもに存在を伝えるだけでは、認識されても行動の動機付けにはなりません。お客様は自分で決めたいし、そのための判断材料が欲しい。

それに忙しい。時間がありません。

ですから、良い企画がまずあることと、それがわかりやすい形で書かれていること。この2つが最優先項目です。

伝わるチラシは取り組みの見直しから

これらの最優先項目がブレている状態で、「かっこいいチラシ」「伝わるDM」を作ろうとしても、デザインとコピーの力だけではどうにもならないのです。

加えて、価格競争に巻き込まれていきます。

売りたいものやコトが、誰に伝えたいのか、明確でないときはもちろんのこと、

せっかくのいい商品でも、伝え方の順番を間違うと伝わりません。

経営者の皆様へ

上記の軸は、明確ですか?また、従業員の皆さまと共有できていますか?

そして、もし経営者のみなさまがご自身で上記の企画や取り組みをするわけではないならば、従業員さんとのコミュニケーションは十分にとれていますか。

自社のメッセージや自社の強みを言葉にする過程はとても時間がかかりますが必ずしなければならないことです。

「企画」づくりでつまずきを感じていたり、そもそも何から手をつけたらわからない、伝わる広告やチラシができるコツを知りたい、どうすれば反応をあげることができるのか? 知りたいしきちんと取り組みたい、見直したい・・・・

このようにお悩みの会社様がいらしたら、当社にご相談ください。

経営コンサルタント在籍で、プロモーションを専門としている私たちが、単発のアドバイスだけでもさせていただいております。下記からご一報ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社リクルート北海道じゃらん新卒入社後、地域活性化の企画立案、宿泊施設への提案営業を担当。 人や物などの魅力を発見して発信することに面白さを感じたことから、正しい価値、等身大の価値や魅力を効果的に届ける仕事がしたいと考え、ライターとして独立。現在は、プロモーション企画の立案とライティングスキルを生かして、コンサルティング業務および企画から制作までを通しクライアントを支援する。